読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大分県体験記。ときどき県外。

大分でのあれこれ体験記。基本子連れ。グルメ、公園、温泉、筋トレ、ジョギング、イベントなど。

太一商店・別府やまなみ店

f:id:cherry524bsa136:20170325105530j:image

5年程前、仕事で3ヶ月ほど、

川崎にいた事がある。 

 

横浜に近い事もあり、

家系ラーメンがたくさんあり、

毎晩のように食べ歩いていた。

 

しかし超こってり派としては、

満足できるものはあまりなかった。

 

そんな中、「川崎 ラーメン こってり」

で検索して、たどり着いたのが

ラーメン二郎

f:id:cherry524bsa136:20170325110120j:image

最初は冗談かと思った。

しかし食べてみると、感動した。

 

荒々しく、武骨な味は

今までに味わった事のない味だった。

 

それからというもの、

週末は二郎巡りが始まった。

基本的に並ぶのは嫌いだが、

二郎の為なら全く気にならなかった。

 

しかし出張期間は終わり、

大分に帰る事に。

二郎の魅力にどっぷりはまっていた私は

本気で上京を考えた。

子持ちのオッサンが、である。

 

もちろん

「二郎の為に転職して上京したい」

などという提案は即日却下された。

 

それでも諦めきれず、

せめて似たお店はないかと探した。

福岡にも何度も遠征したが、

なかなか見つからなかった。

 

しかし、出会いは突然訪れた。

それが太一商店である。

f:id:cherry524bsa136:20170325111145j:image

ここのすごい所はバランス力である。

 

二郎本家は客に合わせる事はしない。

二郎は二郎であり、

そこに共感する人だけが集まればいい

そういう存在だ。

 

しかしだからこそ二郎は関東でしか

生きていけない。

九州であのスタイルを貫いても

支持されないだろう。

実際、忠実に再現しようとした店は、

ことごとく閉店している。

 

しかし太一商店はそこのバランスの

絶妙な所を突いている。

 

完全に二郎ではないものの、

二郎好きの二郎を恋しく思う気持ちを

それなりに癒してくれる。

 

そして二郎本家には無い清潔感があり、

ヘビーな二郎好き以外にも愛される。

二郎本家では無理な、

子連れでの入店もできる。

 

そんな太一商店のラーメンがこちら

f:id:cherry524bsa136:20170325112125j:image

ものすごい量である。

しかしこのくらいはないと、

二郎好きは満足させられない。

 

久しぶりなので少し苦労したが、

何とか具は完食。

f:id:cherry524bsa136:20170325112242j:image

スープは悩んだ末、完飲。

f:id:cherry524bsa136:20170325112403j:image

腹タプタプになり、

「何故ここまでして食うのか」

と毎回自問自答する。

 

結局答えは出ないが、

次回もまた完飲するだろう。

 

大分にいながらこのラーメンが

食べられれる事を、

心から嬉しく思う。

 

ありがとう、太一商店。

f:id:cherry524bsa136:20170325155747j:image

f:id:cherry524bsa136:20170325155756j:image

 

 

https://tabelog.com/oita/A4402/A440202/44009192/